無料で使える!ポジティブサービス3選 http://willenwellness.com My WordPress Blog Tue, 31 Jan 2017 00:56:29 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 有料老人ホームの選び方 http://willenwellness.com/?p=17 http://willenwellness.com/?p=17#respond Tue, 31 Jan 2017 00:56:29 +0000 http://willenwellness.com/?p=17 高齢化社会が進み、これからますます需要が高まる有料老人ホーム。

いざ入居しようと思っても、数が多くて選ぶだけでも大変です。

しかし、いくつかのポイントを押さえれば、選択肢をだいぶ狭めることが出来ます。
まず、費用を考えましょう。
これを考慮しないわけにはいきません。

老人ホームの値段はサービスの値段です。

満足度の高さを望むならば、やはり高い方が良いでしょう。

しかし、これは設備や立地などに対して判断したほうが良いです。

例えば、家族が通いやすい立地の方が安心しますし、娯楽設備が用意されている施設ならば、楽しく毎日を過ごすことができます。次に、介護士の質です。

有料老人ホームを選ぶ上では非常に重要なものです。見極めのポイントは、やはり介護士の仕事ぶりです。
介護は仕事を黙々とこなすだけではいけません。

言葉遣いも優しいほうがよいでしょう。

表情が硬く、仕事も乱暴に見える介護士がいる老人ホームは要注意です。

また、施設全体の雰囲気を感じ取るのも重要です。

入居者が楽しそうにしている老人ホームを選びましょう。

そして、医療体制。

入る人の状態によっては、これを最優先にする必要があります。

いざという時に、何もできないような施設では安心できません。

病院が運営している施設が一番ですが、そうでなければ病院の近くの施設が良いでしょう。
有料老人ホームに何を求めるかは人それぞれです。
ですが、人生において重要な選択の一つです。

失敗のない老人ホーム選びが出来れば、その後も楽しく生活することができるでしょう。

]]>
http://willenwellness.com/?feed=rss2&p=17 0
有料老人ホームの入居可能年齢 http://willenwellness.com/?p=14 http://willenwellness.com/?p=14#respond Tue, 31 Jan 2017 00:55:16 +0000 http://willenwellness.com/?p=14 有料老人ホームの入居年齢は60歳からです。

それまで住み慣れた土地建物を手放して、その手放したお金でこの有料老人ホームへと入居するという例もしばしば見受けられます。

50歳以上から入居が可能ですが、入居に関する入居費や食費、住居費などは支払わなければなりません。

設備などが豪華だったりあるいは中には温泉を掘り起こしていて、温泉に入浴できることを謳い文句にしたところもあったりと設備面で充実しているところなどでは、高額なお金がかかるところも存在している状況です。

こうした有料老人ホームでは、いったん入居して入院等をしていなければ、その部屋自体がそのまま住居となり生活が出来るものです。したがって、終の棲家として考えている富裕層も多く存在しています。

その一方でそこまで高額なお金が支払えないところでは、こうした有料増人ホームへの入居をあきらめて、特別養護老人ホームへの入居を希望する人が大勢います。

しかしながら、入居するには条件が厳しく、しかも同じように入居を希望している人が多いため、なかなか入居できるという話にはなりません。

このように介護保険制度が始まって以降、お金がある人とない人とでくっきりと区別かが進んでいるのも介護保険制度の現状となっています。年金だけではなかなかこうした施設への入居は厳しい現状があり、選択肢が限られるという問題も指摘がなされています。

有料老人ホームの場合は、そのまま入居し続ければいいので、その意味では安心して入居できます。

]]>
http://willenwellness.com/?feed=rss2&p=14 0
福祉施設としての重要度を増す介護付き有料老人ホーム http://willenwellness.com/?p=11 http://willenwellness.com/?p=11#respond Tue, 31 Jan 2017 00:54:10 +0000 http://willenwellness.com/?p=11 人間はなかなか自分の身体の衰えを認めることが出来ません。

そのためいざ介護が必要な状態になって慌てて公的機関が運営する福祉施設への入居を希望しても、その要望がすぐには叶えられないのが現状です。

地方自治体や社会福祉法人が運営している「特別養護老人ホーム」への入居申し込みをしたところ十年近く待たされるといったケースも発生しています。

しかし多くの高齢者は老人ホームへの入居を数年単位で待つ余裕は無いでしょう。

特に介護を必要とされる方は尚更です。

そんな方々にお勧めなのが「介護付き有料老人ホーム」です。有料老人ホームには大きく分けて「介護付き」「健康型」「住宅型」の三種類のタイプがありますが、そのうち福祉施設として重要な存在なのが「介護付き有料老人ホーム」です。

施設数は年々増大しており利用者の選択肢も多く、そのため申し込みから早期の入居も可能となっています。

加えて要介護状況に応じた様々なサービスが提供されていますが、施設によって対応状況が異なり入居前の入念な確認を必要とするので気を付けなくてはなりません。
同じ介護付き有料老人ホームでも要介護の高齢者のみに入居してもらい施設専属のスタッフが介護を行う「介護専用型」や自立した生活が可能な高齢者と要介護者を共に受け入れる「混合型」、外部の福祉事業者による介護サービスを導入している「外部サービス利用型」等があります。

利用者は自分望むタイプの施設を選ぶようにすると良いでしょう。

有料老人ホームは民間の業者が運営しているため公的機関の運営している福祉施設と比較して掛かる費用が高くなる傾向にありますが、入居の際の初期費用や月額利用料をなるだけ低く抑えて利用者にサービスを提供する施設も現在は増えてきています。

]]>
http://willenwellness.com/?feed=rss2&p=11 0
有料老人ホームや福祉施設選びで失敗しないように http://willenwellness.com/?p=8 http://willenwellness.com/?p=8#respond Tue, 31 Jan 2017 00:53:11 +0000 http://willenwellness.com/?p=8 有料老人ホームを探されている方はスムーズに見つけられているでしょうか。

福祉施設に関しても様々な所があります。

しかし自分の条件に合っている所を見つけるのはなかなか大変な事でしょう。

ではどうすれば良いのかその方法をご紹介します。
インターネットには有料老人ホームや福祉施設に特化してまとめて紹介しているサイト等があります。介護付有料老人ホーム情報のご紹介です。

このようなサイトを利用するのが良いでしょう。

情報だけでは無くて、それぞれの施設の良い所を比較するためにも役立つのです。他の方法としては雑誌や書籍などが挙げられます。

初めて探される方は、このような本がある事を知らない方も居るでしょう。大きな書店では有料老人ホーム等、福祉施設に関して情報を集めた雑誌や書籍を見つけられます。例えば様々な基準で多角的に分析をして、ランク付けをしているような雑誌や書籍もありますので参考になるでしょう。

ただしこのような情報媒体で探す時に気を付けなければならない事もあります。

基本的にホームページ等では事業者にとって不利になるような情報は掲載されていない事もあります。

ですから、具体的な事実等をきちんとチェックしなければなりません。例えば立地はどうなのか、費用や外観や内観等を見ましょう。

もちろそれだけの情報で決定するのは問題です。
体験入居サービスもありますので、それで実際に入居を体験してみてから決めるのも悪くはありません。

老後を過ごす場所となりますので慎重に決めましょう。

]]>
http://willenwellness.com/?feed=rss2&p=8 0
福祉施設の老人ホーム http://willenwellness.com/?p=5 http://willenwellness.com/?p=5#respond Tue, 31 Jan 2017 00:52:07 +0000 http://willenwellness.com/?p=5 高齢者の増加、私的扶養の減退など、社会環境の著しい変動を受けて、高齢者福祉の強化拡充を図ること及び広範囲にわたる施策の体系化を図ることを目的として、昭和38年に老人福祉法が制定されています。

しかし、諸外国と比べても類をみない速さで高齢化が進展し、介護が必要な高齢者が増加するとともに、核家族化による家族の介護能力の低下など、高齢者の介護対策が大きな社会問題となっています。このため、平成12年度から介護保険法が施行され、医療保険、年金保険、雇用保険、労働災害補償保険に続く5番目の社会保険方式の介護保険が誕生しています。
介護付きの老人ホームはこちらです。

高齢者を取り巻くサービス提供環境も変化し、保健・医療・雇用など広範囲にわたり、公的なもの、私的なもの、民間企業など多様な形態がみられるようになっています。また、老人福祉法は、老人保健法や介護保険法との連携及び調整に努め、福祉の措置を行うことになっています。日本の高齢者福祉は、施設サービスである老人ホームを中心として各種サービスを展開しています。特に生活保護法時代の養老施設から脱却して負のイメージを払拭することに力を注がれ、利用者主体の質の高いサービスの提供に取り組んでいます。老人ホームには、措置施設と契約施設があり、措置施設は、市町村の措置委託により入所を行い、養護老人ホームなどがあります。契約施設は、利用者と施設との契約により入所をするもので、経費老人ホームや有料老人ホームなどがあります。

]]>
http://willenwellness.com/?feed=rss2&p=5 0