人間はなかなか自分の身体の衰えを認めることが出来ません。

そのためいざ介護が必要な状態になって慌てて公的機関が運営する福祉施設への入居を希望しても、その要望がすぐには叶えられないのが現状です。

地方自治体や社会福祉法人が運営している「特別養護老人ホーム」への入居申し込みをしたところ十年近く待たされるといったケースも発生しています。

しかし多くの高齢者は老人ホームへの入居を数年単位で待つ余裕は無いでしょう。

特に介護を必要とされる方は尚更です。

そんな方々にお勧めなのが「介護付き有料老人ホーム」です。有料老人ホームには大きく分けて「介護付き」「健康型」「住宅型」の三種類のタイプがありますが、そのうち福祉施設として重要な存在なのが「介護付き有料老人ホーム」です。

施設数は年々増大しており利用者の選択肢も多く、そのため申し込みから早期の入居も可能となっています。

加えて要介護状況に応じた様々なサービスが提供されていますが、施設によって対応状況が異なり入居前の入念な確認を必要とするので気を付けなくてはなりません。
同じ介護付き有料老人ホームでも要介護の高齢者のみに入居してもらい施設専属のスタッフが介護を行う「介護専用型」や自立した生活が可能な高齢者と要介護者を共に受け入れる「混合型」、外部の福祉事業者による介護サービスを導入している「外部サービス利用型」等があります。

利用者は自分望むタイプの施設を選ぶようにすると良いでしょう。

有料老人ホームは民間の業者が運営しているため公的機関の運営している福祉施設と比較して掛かる費用が高くなる傾向にありますが、入居の際の初期費用や月額利用料をなるだけ低く抑えて利用者にサービスを提供する施設も現在は増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *